タグ:アンリ・マティス ( 2 ) タグの人気記事
ちゃんと。
何年ぶりだったろうかー笑
先週末、行っていました、鹿児島市立美術館。
コレを観に。

「没後50年 モーリス・ド・ヴラマンク展」

d0099455_157060.jpg

正直、この人のことはあまり知らなかったので、
観に行く前に、いろいろと調べていました。

フォーヴ(野獣派)の画家だったんですねぇ。
さめの好きな、マティスと一緒。

このブラマンクさん、結構スゴイ人だったみたいです。
独学で画家になる前には、バイオリン弾いてみたり、
競輪選手だったこともあるらしくって、体つきも相当な大男だったとか。

いろいろ調べていて、彼が影響を受けたのはゴッホ、セザンヌくらいで、
多くは自分の才を信じ貫き通された絵・・・みたいに書かれていたが、
実際彼の80数点の絵を目にすると、どうやらそれはちがうんじゃないか、と。

どの絵も、どこかしら誰かの影響を受けて描かれたもののような気がした。

d0099455_1573513.jpg

でも。
雪景色を何枚か集めた部屋があって。
あんなスピード感のある雪景色の絵は、はじめて観たがよ。笑
(雪景色といえば、さめの中ではユトリロとピサロだから。)
かなり、かなり驚いた。
あれこそが、彼の絵なんじゃないか?と思った。

この人の絵には、静寂というものがない。
常に動いている。
何を求めてか、絵と共に変化し続けた人生だったんだろう。

と、勝手に解釈。←余計なお世話。笑
今までに味わったことのない、ある意味すごくオモシロイ展示会でした。
どうぞ、鹿児島の方は行かれてみてくださいねー。
行くかなーこのレポで。爆

ついでということで。
おそらく最後に観たのは中学生くらいだったろうか。
もちろん、記憶にはまったくもって残っていない、常設展も観てきました。笑

・・・マティス、あるじゃん!
・・・ユトリロ、あるじゃん!
・・・ウォーホル、あるじゃん!
あーさめさん知らなかったーハズカシイがよー。

なんだかマティスはアレ、色あせなんだろうか。
ニース時代の作品じゃなかったと思うけど、それを思わせるほど、色が薄かった。
そういえば、部屋の照明、すごく明るかったような。
ま、そんなわけないよな、ちゃんとした美術館なんだからな。

と、そんな感じで、ちゃんと地元にも目を向けなきゃ、
と思った一日なのでした。笑


← 人気ブログランキング ポチッと応援くださいな☆

← 料理写真ランキング ポチッと応援くださいな☆
[PR]
by samepooo | 2008-10-15 19:44 | 絵画
広島レポ6
最後になったけども、実はコレが今回広島を訪れた最大の目的。
なんだけども、さめさん今夜はかなりの酔っ払いなもんで、
ちゃんとレポできるか不明。

ていうかそもそも、さめに美術のレポなんて、できるんかい!←ヲイ!
ほんとのところ、好きかキライか、そういう直感的な感想しか持ってません。爆
だもんで、かなり偏ったレポになるような気がするので、そこはお許しくださいませ。


というわけで今回、愛するマティスを観るため、
ひろしま美術館で行われているコチラに行ってまいりました。

「マティスとルオー展 すばらしき芸術への共感~モロー教室の二人~」

d0099455_23474243.jpg

アンリ・マティスジョルジュ・ルオー

この二人の共通点は、この美術展の開催を知るまで、まったく知りませんでした。
しかしこの二人。
師匠が同じ、だったのですね。

ギュスターブ・モロー

ほぼ同時期に生を受けたマティスとルオーは、モローの教室で学びます。
でも結局どうやら、モローのお気に入りはルオーだったようね。笑

確かにルオーは、絵を観ていると、かなりモローに近しいものがある気がした。
信じられないけども、マティスも初期はルオー(モロー)っぽい色づかいで描いている。
が、ちっともよくない。(というのは、さめの偏見ね。笑)
で、その後マティスは、独自のフォービズム(野獣派)という世界を築いていく。
で、その少し後の、ニース時代の、
少しぼんやりした色合いの作品が、さめは好き。

と、話がそれたけども。
とにかく、師ルオー没後も、マティスとルオーは親しく交流を続け、
近年、その二人の間に交わされた往復書簡が発見されたことを記念して、
の展示会だったみたいだ。


で、率直な感想。

とにかくルオーだらけ。
マティスが少ない!

と感じたのはおそらく、
さめの好きなニース時代のマティスの作品がほとんどなかったからかもしれない。
そして内何点かは、もともとひろしま美術館の常設展示作品だから、
というのもあったかもしれない。

でも後からよくよく思い出せば、スケッチもわりとあったし、
晩年マティスが取り組んだ切絵の展示は相当あった。
(切絵があれだけ観れたのは、コレはある意味貴重だったのかもしれない)

ところでこの展示会、東京の松下電工汐留ミュージアムを皮切りに、
広島、新潟、愛知、と巡回していくのだけども、
おもしろいことに、美術館ごとに展示会のタイトルがビミョウに違う。

広島、新潟、愛知は「マティスとルオー」なのだけども、
汐留ミュージアムでは「ルオーとマティス展」なのだ。
最初不思議に思ったのだけども、汐留ミュージアムはもともとルオーの展示が多い、
ということを考えれば、それはそうなのかもしれない。

でもきっと、どう考えても日本人にはルオーよりマティス人気が高いと思う。
だから、「マティスとルオー」。笑


でもさめ的にはこの展示会、完全に、
ルオーマティス展」、でした。笑

残念、愛するマティスは、少なかったでした。泣
ニース時代のマティスが死ぬほど観たい。
こりゃもう、ロシアとフランスへ飛ぶしかないか。爆


と、酔っ払った勢いでかなり書いてますけども、
やっぱりマティスは好きだった。
これがわかっただけ、ほんとよかったでした。


でね。もうひとつよかったこと。
ひろしま美術館の常設展示。
これがすばらしくよかった!

いろんな時代のいろんな画家の作品が網羅的に展示。
こんだけの所蔵って、すごいよね。うん。
で、さめはそこで、ピカソに非常に興味を持ちました。
相変わらずキュビズムがダメだから避けていたのだけども、
それ以外にも、すばらしい絵があることを知りました。

ほんと、まだまだ知らないことだらけです。
そんなこんなの広島レポ。
最後はくどくてゴメンネ。
ココまで読んでくださった方、さめの酔っ払いとめちゃくちゃな美術レポに付きあってくれて、
ほんとにありがとうございました。

d0099455_0571956.jpg


← 人気ブログランキング ポチッと応援くださいな☆

← 料理写真ランキング ポチッと応援くださいな☆

++ お知らせ ++
[PR]
by samepooo | 2008-06-10 00:57 | レポ