タグ:カミーユ・コロー ( 2 ) タグの人気記事
東京レポ5
さてさて。
食べ物ばかりでお送りしてきました、東京レポ。
今回のイチバンの目的は、美術展2つ。
今日はひとつめをいきます。
文字ばっかりなんで、興味のない方は・・・軽~くスルーで!笑


上野は国立西洋美術館にて開催されている、
「コロー 光と追憶の変奏曲」

大好きな、ジャン=バティスト・カミーユ・コロー
印象派を先駆け、以降多くの画家たちに影響を与えた。

これまで幾度か足を運んだ美術館や美術展の中でも、
比較的お目にかかる機会は多かった、コローの絵画たち。
その度にコローの素晴らしさを再確認し、
できればもっとたくさんのコローに出会いたいと願っていた。

その願いが、この展示会の開催で見事にかなったのだ。
日本では、過去最大規模のコロー展。
右も左もコローの絵。(あふれかえる人々を除きたいよね。笑)
な、なんというゼイタクな空間に、自分は身を置いているのだろう。
思わず展示室の中央で一人、くるくる回ってしまった。嘘。

やはりコローは風景画がいい。
特に、縦に細く長く延びる、木々の描写がいい。
雑草の描写がいい。
黒と白と深緑でまとめられた森の入口らしき風景が好きだ。
そこに、ほんの少しの、赤が入る。
たまらない。

いつものことながら、自分が撮る写真に投影して非常におそれ多いのだけども、
コローのあの、もやがかったような風景の淡い描写には、どこか通ずるものを感じる。

とはいえ、今回のイチバンの目玉は《真珠の女》だ。

d0099455_18531026.jpg

↑のカタログの表紙がそれだ。
コローのモナリザ、なんて言われている。
この絵の前、尋常じゃない人だかりだったよ。笑

もちろん光の具合でそう見えたのだろうけど、
彼女の髪は艶々とピカピカと光っていた。
コローが狙ったのかは、わからない。


同じ部屋で、ひと際人だかりのない絵を見つけた。
その仰々しい色づかいは一目でわかる。
マティスだった。

先に書いたが、コローは後の画家たちに大きな影響を与えている。
モネにルノワール。
ピカソもブラックもモンドリアンも。
ドランにセザンヌ、シスレーも。
あ、ゴーギャンもピサロもだね。
(これらはちゃんと習作が並べて展示してあった)

マティスもコローを習作していた。
なるほど。
彼の描く、ごろんと足を開いて寝っ転がる、お行儀悪いオダリスクたちは、
コローがお手本だったのね。笑

で、余談。
後でカタログをパラパラとめくっていたら・・・
同じく仰々しい色づかいの見覚えある絵。
なにぃ!?もうひとつマティスがあるじゃん!

・・・見逃した?気づかなかった!?
愛するマティスのはずなのに・・・
しかも特に愛するニース時代のマティスなのに!!
どんなに思い出そうとしても、その絵だけは記憶にない。
しばらく途方に暮れていた。

ら、あっさり目録に「この絵は9月からの神戸にしか来ないよーだ」と書いてある。
ホッとしたような、残念なような。

というわけで話がだいぶそれましたが。
人だかりの東京の美術展にもだいぶ慣れてきたところで、さめさん。

・・・そういえば、11月に学会で大阪へ行く予定が。ニヤリ

どうする??
ニースのマティス観るために、
神戸のコロー展、も一回行っちゃう???笑

---------------------------------------

で、映画です。
『ブレイブ』
怖いのかと思って、ビクビクしながら画面小さくして観ちゃいましたがよ。
なんだよ、次はめいっぱい大きい画面で堪能します。
全然感想でもなんでもないし。爆

『やさしい嘘』
おばあちゃん、最高です。
あの遊園地で煙草を買うシーンは、最高です。


← 人気ブログランキング ポチッと応援くださいな☆

← 料理写真ランキング ポチッと応援くださいな☆
[PR]
by samepooo | 2008-08-21 18:41 | レポ
東京レポ6
2回に分けるはめになったけども、美術展ふたつめ。
上野の東京都美術館にて。

d0099455_2214148.jpg


エントランスにはこんなのがあってねぇ。
絶対遊んじゃうよねーコレ、カメラ持ってる人なら。笑

ところで。
フェルメールをきっかけに、
少しずつ絵画を観るようになったさめは、
まだまだ知らないことはたくさんありつつ、
いくつか、感じるままに好きだな、と思う画家ができていた。

クールベピサロコローモネ

ことごとく、この美術展に出展されているじゃあないか。
モネは、少し前にあったモネ展も観に行っている。
ということで、モネも含めてこりゃあ観ておかねばと向かったのは。

「フィラデルフィア美術館展 印象派と20世紀の美術」

d0099455_222312.jpg

19世紀後半から20世紀にかけて、美術史の流れもわかりやすく、
アメリカ美術の展示もあったり、
これからいろんなことが知りたいと思っているさめには、
とっても勉強になった。

混んでいるとはいえ、だんだん美術展まわりも上手になってきたのか、
自分のペースで、ゆっくりじっくり観れるようになってきた。
時間も充分にあったので、気に入ったところには何度も何度も足を運んだ。
印象派を中心に、やはり古い絵たちが好きなようだ。

コローの風景画は、やっぱりすばらしかったし、
まさか人物画まであるなんて思ってなかった。

ピサロも、やっぱりやっぱり好きで、
「ラクロワ島、ルーアン(霧の印象)」の白はかなりの衝撃。

ルノワールは、「大きな浴女」が大きく取り上げられていたけど、
さめは「ルグラン嬢の肖像」の方が好きだった。

セザンヌ「ジヴェルニーの冬景色」は、
キャンバスを塗り切っていないのに、ものすごく魅かれた。

ピカソは、あまりよくわからないけども、
今回出展されていた「自画像」は、なんだかかわいくて好きだった。

後、かなり好きだったのが、ユトリロ「モンマルトル、テルトル広場」
この絵の前には、何度も来てしまった。
そういえばユトリロは、今福岡で展示会やってるみたいだね。
ってことに、さっき気づいた。
今週末までだ。
土曜は空いている。
行ってしまいそうなんだけど。キケンだ。爆


他にもまだまだ書きたいんだけど、
この辺で・・・中途略・・・笑
終わんなくなりそうだからね。


こんなすばらしい美術品たちも、
(今回選りすぐりのものたちを集めたのだろうけども)
フィラデルフィア美術館においては、これでもまだまだほんの一部に過ぎないなんて、
どんだけデカイ美術館なんだ!と思いましたがよ。笑

いつかは、それぞれの絵画たちを、本場で見てみたい!という野望を胸に・・・
ごめんねー。
絵画の話、文字ばっかでタイクツだったでしょー。
これにて東京レポ、終了です。(長かったね~)


次回からは、通常どおりカフェブログで。
・・・といっても、なんだかんだで、載せれるようなもの、
なんも作ってないんだけどねー。
ストックもないしねー。どーしよー。笑


← 人気ブログランキング ポチッと応援くださいな☆

← 料理写真ランキング ポチッと応援くださいな☆
[PR]
by samepooo | 2007-11-27 22:23 | 絵画