タグ:モーリス・ユトリロ ( 2 ) タグの人気記事
どうしても。
今日は長いよ~笑
絵画のお話。

年越しちゃったけども12月のお話。
さめがある日突然思い立って福岡へ行ったのは、
(決してカレーを食べるためではなく、笑)
どうしても、どうしても、コレ↓が見たかったから。

モーリス・ユトリロ展 モンマルトルの詩情

d0099455_23555292.jpg

話は去年の11月に行った、フィラデルフィア美術館展にさかのぼる。

さめ的にあまり長くは見ていられない、
キュビズムやシュルレアリスムの並びに展示されていた(なぜ?笑)、一枚の絵。
「モンマルトル、テアトル広場」

そのときはなぜだかわからなかったけども、
とにかく、とにかく魅かれて、何度も足を運んだ。

それが後で、ユトリロの作品だということを知る。
同時に、福岡で展示会が行われていることも知る。
なぜにそんなに魅かれるのか、知りたい。
ゆえに、旅立った。
そういうわけだ。


福岡県立美術館
今までそんなにたくさんの美術展を見てきたわけではないけども、
あんなに内容の濃い美術展ははじめてだったように思う。
約80点の絵画と、実際に使用されていたという画材の展示に加えて、
ユトリロの生涯、さらにはユトリロをとりまく人間模様までもが、
手に取るようにわかる。

モーリス・ユトリロ

作品もすごいけども、その生涯もすごいものだ。
というのも、母がすごい。
すべてはそこに起因するようである。

ユトリロは、父がわかっていない。
母は、当時の有名画家たちのモデルを務めるほどの美人。
彼らの愛人でもあり、そして自身は画家でもあった。
さらには後に、ユトリロよりも年下の男性と結婚する。

そんな母の愛に飢えたユトリロは、幼い頃から酒に溺れ、
暴力を繰り返し、刑務所や精神病院を行き来する。
そこで勧められた絵で、ユトリロは才能を発揮するのである。

しかしユトリロにとって絵を描くことは、
ただ一杯の安酒を手に入れるためのものでしかなかった。
だけども、この時期の絵がいちばんすばらしいと言われている。

「白の時代」
いつも見ている風景、どこにでもあるような日常。
気にも留めないような光景を、白とほんのいくつかの色で描き上げてある。
紙一重の才能を感じる。

「色彩の時代」
ユトリロは、絵中の女性の腰を異様に張らせて描く。
女性に対する嫌悪感の表れだという。

そんなユトリロもやがては結婚し、
晩年は、閉ざされた部屋の中で、
与えられた絵はがきを見ながら、絵を制作していたらしい。
色のない写真を見て、情景を想像しながら描く絵もやはり、
ユトリロにとってはただ、
薄められていたというワインを飲むためだけのものだったのだろうか。


白の時代、ユトリロはパリに住み、
モンマルトルの通りを歩み、酒を飲み、描いた。

いつも見ている風景。
どこにでもあるような日常。
気にも留めないような光景。

何を感じていたのだろう。



恐れ多くも、
自分が写真を撮ろうと思う瞬間の感覚と、
近しいものがあるような気がしてならなかった。


← 人気ブログランキング ポチッと応援くださいな☆

← 料理写真ランキング ポチッと応援くださいな☆
[PR]
by samepooo | 2008-01-21 23:59 | 絵画
東京レポ6
2回に分けるはめになったけども、美術展ふたつめ。
上野の東京都美術館にて。

d0099455_2214148.jpg


エントランスにはこんなのがあってねぇ。
絶対遊んじゃうよねーコレ、カメラ持ってる人なら。笑

ところで。
フェルメールをきっかけに、
少しずつ絵画を観るようになったさめは、
まだまだ知らないことはたくさんありつつ、
いくつか、感じるままに好きだな、と思う画家ができていた。

クールベピサロコローモネ

ことごとく、この美術展に出展されているじゃあないか。
モネは、少し前にあったモネ展も観に行っている。
ということで、モネも含めてこりゃあ観ておかねばと向かったのは。

「フィラデルフィア美術館展 印象派と20世紀の美術」

d0099455_222312.jpg

19世紀後半から20世紀にかけて、美術史の流れもわかりやすく、
アメリカ美術の展示もあったり、
これからいろんなことが知りたいと思っているさめには、
とっても勉強になった。

混んでいるとはいえ、だんだん美術展まわりも上手になってきたのか、
自分のペースで、ゆっくりじっくり観れるようになってきた。
時間も充分にあったので、気に入ったところには何度も何度も足を運んだ。
印象派を中心に、やはり古い絵たちが好きなようだ。

コローの風景画は、やっぱりすばらしかったし、
まさか人物画まであるなんて思ってなかった。

ピサロも、やっぱりやっぱり好きで、
「ラクロワ島、ルーアン(霧の印象)」の白はかなりの衝撃。

ルノワールは、「大きな浴女」が大きく取り上げられていたけど、
さめは「ルグラン嬢の肖像」の方が好きだった。

セザンヌ「ジヴェルニーの冬景色」は、
キャンバスを塗り切っていないのに、ものすごく魅かれた。

ピカソは、あまりよくわからないけども、
今回出展されていた「自画像」は、なんだかかわいくて好きだった。

後、かなり好きだったのが、ユトリロ「モンマルトル、テルトル広場」
この絵の前には、何度も来てしまった。
そういえばユトリロは、今福岡で展示会やってるみたいだね。
ってことに、さっき気づいた。
今週末までだ。
土曜は空いている。
行ってしまいそうなんだけど。キケンだ。爆


他にもまだまだ書きたいんだけど、
この辺で・・・中途略・・・笑
終わんなくなりそうだからね。


こんなすばらしい美術品たちも、
(今回選りすぐりのものたちを集めたのだろうけども)
フィラデルフィア美術館においては、これでもまだまだほんの一部に過ぎないなんて、
どんだけデカイ美術館なんだ!と思いましたがよ。笑

いつかは、それぞれの絵画たちを、本場で見てみたい!という野望を胸に・・・
ごめんねー。
絵画の話、文字ばっかでタイクツだったでしょー。
これにて東京レポ、終了です。(長かったね~)


次回からは、通常どおりカフェブログで。
・・・といっても、なんだかんだで、載せれるようなもの、
なんも作ってないんだけどねー。
ストックもないしねー。どーしよー。笑


← 人気ブログランキング ポチッと応援くださいな☆

← 料理写真ランキング ポチッと応援くださいな☆
[PR]
by samepooo | 2007-11-27 22:23 | 絵画